冬用のタイヤについて|車検を受けて車両の安全を確保|車検を行なうための場所
メンズ

車検を受けて車両の安全を確保|車検を行なうための場所

冬用のタイヤについて

タイヤ

雪の降る地域では、冬になるとタイヤを冬用のものに交換しなければなりません。一般的な冬用タイヤというのは、スパイクタイヤと呼ばれるものでした。スパイクタイヤというのは表面に鋲の付いたタイヤで、それによりスリップ等を防いていたのです。しかし、スパイクタイヤで走行すると、その鋲によって路面を削ってしまい粉塵等が発生します。それは、道路への環境にも悪影響となるため、現在ではスパイクタイヤは使用されなくなってしまいました。その代わりとして、スタッドレスタイヤが主流となったのです。

スタッドレスタイヤというのは、スタッドレス(鋲が無い)タイヤのことを指します。多くの人は、鋲の無いタイヤではスリップが発生してしまうのではないかと不安を抱いてしまうことでしょう。しかし、様々な技術が日々進歩していく中で、鋲の無いタイヤであっても冬道を安全に走行できるようになったのです。冬道におけるスリップの原因というのは、路面表面が凍ることによって発生する水膜です。タイヤに使用されているゴムは回転することで温度を高く持ち、その温度によって路面表面の氷が溶け、水膜が発生し、スリップを誘発してしいます。それに対してタイヤを低温にすると、路面表面の氷は溶けなくなりますが、ゴムが硬くなってしまうためどのみち滑り易くなるのです。スタッドレスタイヤは、タイヤが低温であっても硬くならないため、冬場に凍結した路面でもスリップすることがありません。