男性たち

車検を受けて車両の安全を確保|車検を行なうための場所

自分の目的に合った店舗

作業員

車検というのは、ディーラーや専門店、代行業者等に依頼することで点検・整備等を全て任せることが可能です。それぞれメリット・デメリットが異なるため、自身のニーズに適した場所に車検を依頼しましょう。

もっと見る

タイヤ交換は専門店へ

車輪

タイヤ表面の凹凸が擦り減ってくると、タイヤ交換を行なわなければなりません。タイヤ交換を行なっている車関連の店舗であれば、迅速且つ的確にタイヤ交換を行なってくれるでしょう。

もっと見る

冬用のタイヤについて

タイヤ

冬になると、凍った路面によってスリップが誘発され事故が発生しやすくなります。冬に入る前にスタッドレスタイヤに交換することによって、路面表面が凍っていたとしても安全に走行することができるようになるでしょう。

もっと見る

自動車に関する義務

作業員

自動車(バイクであれば250cc以上)を所有している全ての人は、定期的に車検を受ける必要があるでしょう。車検というのは、新車時であれば初回のみ3年に1回、それ以降は2年に1回受ける必要のある点検・整備です。これは義務として定められており、期限内に車検を受けていない車両で公道を走行すると「無車検者運行」といった厳しい罰則を受けることになります。もし、車検が義務化されていなければ、整備不良車による事故が多発していることでしょう。車検を受けている車両であるといった認定を受けるためには、自動車の点検・整備及び自賠責保険への加入が必須になります。自動車の点検・整備については、ディーラーやガソリンスタンド、専門店等で受けることが可能です。また、専門知識・技術を有している方であれば自身で行なうこともできます。

車検というのは、自動車の安全を確保するために行なうものですが、その認定を受けたからといって3年後の点検・整備まで安全に運行できるという訳ではありません。より安全に自動車を運行するためには、日常点検・整備が大切になるのです。また、日常点検・整備を行なっておくことによって、次回の車検をスムーズに通貨することができるでしょう。車検に掛かる費用はディーラー・ガソリンスタンド・専門店によって異なりますので、費用はしっかりと調べておくことをお勧めします。また、専門店であれば必要な機材・工具類が揃っており、点検・整備に最適な環境が整っています。もし、車両の状態をより良いものにしたいと考えているのであれば、専門店へ持ち込むと良いでしょう。